記事の詳細

株式会社SHTで資格へのチャレンジを検討してみてはどうでしょうか?株式会社SHTで資格についても教育コンサルを行っており、利用者が多く見られます。ITが普及している現代だからこそ、ITのプロフェッショナルは不可欠であり、ぜひとも資格取得は検討したいところです。株式会社SHTではMCA プラットフォームの資格についても取り扱っています。

MCA プラットフォームの資格についてご存知といった方もいることでしょう。IT業界では有名な資格の1つです。MCA プラットフォームですが、サーバやネットワーク全般に関する資格となっています。サーバやネットワークについては、基本中の基本でありぜひともマスターしておきたいところです。
MCA プラットフォームではOSに関する知識やネットワークの基本理論から、サーバ活用方法まで他ジャンルについて学習する資格となっています。ウインドゥズに関する一般的な知識についても改めて復習することが可能です。MCA プラットフォームでネットワークの基本的な知識を習得することが可能となっています。
将来的にMCA プラットフォームの資格を取りたいといった人やMOT 資格やMicrosoft Office Specialist 資格を持っているかたでさらにネットワークについて知りたいといった方は、まさしくぴったりな資格となっています。
製品マーケティング担当の人もこの資格は最適です。
MCA プラットフォームでネットワークについてはOS全般の知識を身につけることが大事です。OSについては色んな役割があります。動作や性能、信頼性、可用性などについても知識を有することが大事です。またWindows の設計と実装やネットワーク、TCP/IP、インターネットWindows の最適化と信頼性・可用性、セキュリティ管理、セキュリティの実装、ディレクトリ サービスについても学ぶことが可能な場となっています。株式会社SHTの確かなカリキュラムでMCA プラットフォームの資格を習得したいところです。Microsoft Officeに関する資格についても株式会社SHTで取り扱っています。

みなさんはMicrosoft OfficeMicrosoft Office Word Specialistという資格をご存知でしょうか?Microsoft OfficeMicrosoft Office Word Specialistは基本的な操作などを含めた資格であり、ビジネスシーンでも欠かすことができない資格となっています。Wordの基本的な使用方法などについてもマスターする必要があり、基本中の基本となるWORDの使い方についても学ぶことが可能です。
WORDについては文章作成でなんとなく使っているといった人も多いことと思います。しかし実は奥深い使い方があり、便利で多機能にわたって使用することが可能です。機能の使用についても幅広い形で勉強に取り組むことが可能です。基礎の勉強としても活用するのも良いでしょう。
内容としてはWORDの基本操作取得となります。WORDの基本操作を取得して、良い形で勉強に励みたいところです。
では具体的にどういったことを学ぶのか?というと文字入力はもちろんのこと表の挿入と変更や文字列、記号、特殊文字の鍾乳と編集、箇条書きと段落番号の書式、ヘッダーとフッターの挿入と変更、文書、封筒、及びラベルの印刷、ヘッダーとフッターの挿入と変更、文書の表示、およびウィンドウの変更と整理、文書、封筒、及びラベルの印刷などです。
OfficeMicrosoft Office Word Specialistについては、こうしたWORDの基本的な知識の勉強となります。WORDの活用についてもぜひとも検討したいところです。
WORDについてはあまりにも身近すぎて資格取得ということに結びつかない人もいますが、ビジネスシーンでは資格についても大きな目安となります。

例えば事務員を募集する際、OfficeMicrosoft Office Word Specialist の資格を持っている人とそうではない人とでは、同じくらいのレベルだと判断した場合OfficeMicrosoft Office Word Specialistの資格を持っている人が採用される可能性は高いといえます。
OfficeMicrosoft Office Word Specialistについて採用も含めて、取得を検討してみるのも1つの手段です。
また資格については持っておいて損はありません。資格は就職試験でも有利ですし、もし万が一のときでも履歴書に書くことが可能といった利点があります。さまざまな形で利点をいかして、良い方向で取り組めたら最高ですね。
利点についてですが、まずは自分たちでその資格の利点をリサーチしてみて、自分にあっているかどうか?も含めて検討してみるといいでしょう。
資格については、今後ますます必要となります。取れるうちにとっておくのが賢明です。

充実した学習環境

インターネット業界の発展により、日本だけでなく世界単位で見比べても、メディア端末の普及率は大変に高いものとなっています。それに伴って、エンジニアの需要も上がり、同時に知識と技術も必要となりました。
株式会社SHTではサーバー、ネットワークの土台とした専門的知見とノウハウを働きながらに習得することができ、その人材育成に力を入れています。そして、それを遂行するにあたって、厳しい基準をクリアし、カウンセリングまで行える専属講師が社内でサポートしています。
学習内容としては「Cisco」や「Linux」などのサーバーネットワークにおける各資格をはじめとして、ビジネス業界では基本的な知識となりつつあるMicrosoft Officeの使用方法、「Excel VBA」や「Java」といったシステム開発に欠かせないプログラムを学ぶことができます。また、開発チームを対象としたものですが、プロジェクトマネージメントとしてソフトウェアの品質管理も知識として得ることが可能です。
全体を通しての教育プログラムが組まれているのに加えて、オリジナルテキストまで用意されているようで、まるで学校のようなイメージを持ってしまうほどの教育充実度があります。フリータイム制や自習といったシステムも存在しており、学ぶにあたっての最高の環境が整えられているといえるでしょう。

株式会社SHT
http://www.shtech.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る