記事の詳細

関西に関西総本部がある阿含宗。阿含宗は、「仏」「法」「憎」の「三宝」で信仰しています。この三大要素は仏教を信仰するためにとても重要なもので、阿含宗でも取り入れられています。仏教教団というのは、この三大要素が正しいものであることが大事で、正しいものであれば良い教えを伝えることができるようになるのです。

この阿含宗で行っている仏教を信仰するために必要な「仏」「法」「憎」はどのような意味合いがあるのでしょうか?「仏」は、その宗旨の信仰の絶対対象のことです。これは「本尊」と呼んでいます。阿含宗での本尊は、釈迦の精霊が宿る聖物。「真身舎利」で、昔から仏教徒の間では崇められています。

「法」は、修行法のことで大きく分けて3つあります。「成仏法」と「如意宝珠法」と「求聞持聡明法」です。また、「憎」というのは教団のことで指導者を言い表すこともあります。関西総本部もある阿含宗は、たくさんの人達が訪れています。

阿含宗 関西総本部
http://kansaisohonbu.net/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る